「生活習慣病は予防から」 山形市 内科 橘医院
長引く咳
医学的には、3週間以上続く咳を「遷延性咳嗽」、8週間以上続く咳を「慢性咳嗽」と定義します。これらの長引く咳は大変苦しいものです。特に夜、咳のため寝られなくなると、仕事などの日常生活に悪影響を及ぼします。また咳により周りの人から嫌がられる事も多く、精神的にもつらくなります。咳が出る病気は様々なものがあり、その病気により治療法が異なります。

気を付けるべき咳
血痰(血液の混ざった痰)、盗汗(ひどい寝汗)、体重減少を伴う咳は、肺結核や肺がんの可能性があります。診察の前に電話の上、必ずマスクをして近くの医療機関を受診してください。
 

代表的な長引く咳を起こす病気

咳喘息
長引く咳の代表です。8週間以上咳が続くときには、第一にこの病気を疑います。風邪の後や季節の変わり目などに咳が続き、ひどくなると夜の咳のため睡眠不足となります。花粉症などのアレルギー素因を持っている人がなりやすいことが知られています。長く人と話したり、急に涼しいところに移ったときに咳が出やすいのが特徴です。胸の音は問題なく、咳だけが出るため、なかなか咳喘息と診断されないことがあります。咳喘息が疑われたときには、呼吸機能検査などを行い、気管支喘息に準じた治療を行います。
咳喘息をそのままにしておくと、30%程度の人で気管支喘息に移行するといわれています。しっかりと診断・治療を行うことが重要です。

気管支炎後の咳(感染後咳嗽)
風邪の後、咳が長引く状態です。長いと数週間、咳が続きます。通常は無治療で良くなりますが、咳をしたまま生活するのは大変なので、咳をおさめる薬で対応します。ただ、初めは気管支炎後の咳と考えていても、咳喘息など、他の病気のこともありますので、経過を見たり、検査を行う場合もあります。

アトピー咳嗽
のどがアレルギーのためイガイガし、咳がでる病気です。花粉症などの時に使うアレルギーの飲み薬で、治療します。

後鼻漏(上気道咳症候群)
鼻水がのどに垂れてきて、その刺激で咳が出てくる病気です。アレルギー性鼻炎が原因のことが多く、抗アレルギー剤で対応します。ただ副鼻腔炎(蓄膿症)による後鼻漏もあり、その時には副鼻腔炎の治療を行います。

気管支喘息
気管支喘息は子供の頃からの病気と考えられがちですが、大人になってから発病する方もいます。喘息発作の時には肺に独特の音が聞かれます。また、咳の合間の呼吸の時、のど元で「ヒューヒュー」という音が聞かれることもあります。多くの方で、呼吸が苦しく感じます。
診察時に気管支喘息の音がする時は、気管支拡張薬の吸入治療を行います。すると多くの場合音が少なくなり、呼吸が楽になります。しかしそのままにしておくとまた息苦しくなるため、継続した治療が必要です。また吸入治療で良くならないときには、点滴、場合によっては入院治療が必要です。
外来では吸入薬や飲み薬を定期的に使い、喘息発作がなくなることを目標に治療します。自己判断で薬をやめると、喘息発作を繰り返したり、大きな発作のために息が出来なくなり、最悪の場合死亡します。気管支喘息の治療を行っている方は、主治医とよく相談の上、薬の調節を行ってください。

逆流性食道炎
胃酸が食道に逆流した刺激による神経反射から、咳が出ると言われています。逆流性食道炎だけで咳が長引くことは少ないのですが、気管支喘息や咳喘息に合併すると、なかなか治らない咳となります。長引く咳と共に胸焼けがみられたり、仰向けに寝たときに咳が出る場合、また肥満の方で、この病気を疑います。治療は胃酸を抑える薬ですが、肥満がある方は減量してお腹周りが小さくなると、多くの場合症状が改善します。

百日咳
子供の三種混合ワクチン、二種混合ワクチンの普及でかなり少なくなりましたが、未だに散発的な小流行がみられます。風邪のような症状ですが、乾いた咳が特徴で、周りに長引く咳をしている人がいる場合、この病気を疑います。問診で疑い、抗生剤を処方しますが、発病後2週間をすぎると、抗生剤を飲んでも咳の減り方は変わりません。咳は長引きますが、自然に治る病気でもあります。

マイコプラズマ感染症
たまに大流行を起こす病気です。乾いた咳が長く続くのが特徴で、場合によっては肺炎を引き起こします。治療には多くの場合抗生剤を使いますが、最近抗生剤の効きにくいマイコプラズマ感染症がよく見られ、治療に難渋する場合があります。

肺炎
最初は風邪と思っていても、咳が一週間以上続く場合、また発熱が続く場合、肺炎は考えるべき病気です。胸部X線写真で診断しますが、写真に写らない肺炎もあります。治療は抗生剤を使いながら安静、十分な水分と栄養補給を行います。全身状態が悪いときには、入院治療が必要です。

肺結核
未だに患者さんは多いです。若い頃に肺に入り眠っていた結核菌が、高齢になると活発になり、発病することが最近目立ってきています。咳と一緒に血痰、体重減少、盗汗(ひどい寝汗)がみられたら、要注意です。

肺がん
日本でがん死亡が最も多いのが、この肺がんです。タバコを吸っている人はとても肺がんの危険が高くなります。ただ、タバコを吸っていない人でも肺癌になることがあり、咳が続くときには胸部X線写真、場合によっては胸部CTを撮る必要があります。

タバコによる咳(慢性気管支炎)
タバコはのど、気管支(空気の通り道)、肺を痛めつけます。その結果、ちょっとしたホコリや寒い空気などで、咳、痰が出てきます。また風邪をひいたときにも、タバコを吸っていると治りにくくなります。タバコによる咳は、タバコをやめなければ治りません。また、タバコにより、タバコを吸わない周りの人も咳が出やすくなります。

薬による咳
ある種の血圧を下げる薬で、咳が出ることがあります。血圧の薬を飲んでいて、咳が長引いているときには、かかりつけ医に相談してください。

肺線維症
肺が硬くなってくる病気です。高齢になってくるとこの病気の人が増えてきます。聴診器で独特の音が聴かれ、多くの場合、胸部X線写真で診断されます。

心因性咳嗽
様々なストレスにより、咳を来す病気です。日中に咳がみられるものの、夜間は咳をせずに寝られることが特徴です。


COPYRIGHT(C) 医療法人橘会 Medical Office Tachibana ALL RIGHT RESERVED.