「生活習慣病は予防から」 山形市 内科 橘医院
頭痛について

頭痛は、命に関わるものから軽症のものまで、様々です。軽症のものでも日常生活に支障が出ることもあるため、適切な診断と治療が必要な場合が多くみられます。

対応を急ぐ頭痛
 突然「ガーン」と殴られたような頭痛
 時間とともに痛みが強くなり、5分以内に最大となる頭痛
 今までの人生の中で、最悪の頭痛

  くも膜下出血の可能性があるので、すぐに受診が必要です。

 頭痛と同時に麻痺が出たり、ろれつが回らない時
  脳卒中の可能性がありますので、すぐに受診が必要です。

頭痛診療をご希望の方へ
頭痛の問診には時間がかかります。午前中は患者さんの数が多く、頭痛についての問診が十分出来ないことがあります。午後の早めの時間に来院していただけますと、助かります。
なお、交通事故、外傷などによる頭痛は専門性が高いため、整形外科や脳神経外科でご相談下さい。

片頭痛(偏頭痛)
慢性頭痛のなかでは二番目に多いのですが、受診する人数は最も多い頭痛です。一般住民の中で、男性の4〜6%、女性の12〜14%の人が片頭痛を持っているといわれています。頭痛のため日常生活ができなくなる事もありがながら、なかなか他の人に痛さを理解してもらえず、つらい思いをすることも多いです。以下のような特徴があります。
 1)女性に多い(もちろん男性もいます)
 2)親も片頭痛のことが多い
 3)思春期頃から発病する事が多い
 4)「ズキン、ズキン」「ドクン、ドクン」と、脈打つように響く
 5)頭痛の最中は、臭い、まぶしい光、鋭い音が苦手
 6)吐き気を伴う事が多い
 7)女性の場合、月経周期に一致することがある
治療法は、回数が少なければ痛み止めをその都度使いますが、頻繁に痛み止めを使う場合、または、頭痛が強く生活に著しい支障を来すときには予防薬を用います。最近は効果の高い薬もありますので、一度受診なさることをお勧めします。

子供の片頭痛
小学生の子供でも、片頭痛がみられることがあります。頭痛といっしょに腹痛を訴えることがあり、「腹痛を繰り返すのだけれど、精神的なものだろうか?」と親が心配して受診することもあります。
親に片頭痛がある時は、子供さんも片頭痛の可能性があります。片頭痛は、夏休み、冬休みなどで生活のリズムが乱れたときに起こりやすくなります。そのため、予防の第一歩は規則正しい生活を行うことです。また、精神的緊張、空腹から頭痛を来すこともあります。
治療は、明らかに頭痛を起こす生活習慣などの原因がみられれば、それを避けることが第一です。それでも頭痛がひどいときには、痛み止めを用います。
大人と同じように、予防薬を用いることもあります。

緊張型頭痛
慢性頭痛の中で最多で、いわゆる「ふつうの頭痛」と表現されることが多いものです。片頭痛と異なり「ギュー」と持続的な痛みがみられます。肩や首筋のコリを伴う方が多いのも特徴です。精神的ストレスなども、原因となることがあります。治療としてはまず、肩のこりをほぐす「頭痛体操」を、お勧めしています。内科的な治療としては、痛み止めや、筋肉の緊張を和らげる飲み薬や、シップを用います。

混合型頭痛
片頭痛と緊張型頭痛、両方ともみられる方もいます。その場合は、より痛みの強い方を中心的に治療します。最近は「混合型頭痛」という呼び方をしないようです。

群発頭痛
「人類最悪の痛み」といわれる激痛が特徴です。「痛みで死ぬかと思った」と話す患者さんもいます。男性で高身長な方に多く、左右どちらかの目のあたりに痛みがあり、痛い側で目の充血、涙、鼻水を伴うことがあります。激痛のためじっとしていられず、動き回る方も多いです。効果の高い薬がありますので、受診なさることをお勧めします。なお、群発頭痛に似ている、別の頭痛もあり、治療法が異なります。

薬剤乱用頭痛
薬物乱用頭痛とは、片頭痛などのために飲んでいた頭痛薬の量が多くなり、結果的に頭痛がひどくなる状態です。片頭痛などは大変つらい頭痛であり、痛くなり始めると、頭痛の不安から、どうしても早め早めに頭痛薬を飲んでしまう傾向があります。その結果、頭痛薬の量が増えて、薬による新たな頭痛がみられ、それを押さえるためにまた頭痛薬を飲む、という悪循環に陥ることがあります。
薬剤乱用頭痛は、痛み止め成分とカフェインが配合されている、多くの市販薬で起こりやすい特徴があります。このような頭痛の場合は、予防薬と薬剤乱用になりにくい頭痛薬の組み合わせで治療することが多いです。是非受診してください。

頭部神経痛
皮膚の表面を一瞬電気が走るような、「ズキー」とした痛みが特徴です。耳の後ろのあたりによくみられ、一度起こると繰り返すため、非常に不快です。くも膜下出血などを心配し、来院する方もいます。治療は痛み止めのほか、ある種のビタミン剤が効くことがあります。

低髄圧性頭痛
暑いなかで作業した後など、脱水状態から起こる頭痛です。また、頭を打ってしばらく後にみられることもあります。脳を支えている髄液の圧力が下がり、「ズキズキ」とした痛みがみられます。横になると頭痛が減少し、起きあがると悪くなる、という特徴があります。治療は水分補給です。熱中症対策を行うことが、結果的にこの頭痛の予防になります。

帯状疱疹
神経に沿って水ぶくれができ、とても痛い皮膚の病気です。頭皮にみられると、頭痛となって現れます。帯状疱疹の治療が頭痛の治療となりますので、皮膚科などを受診してください。我慢していると、あとあと長く痛みが残ることがあります。

二次性頭痛
かぜ、副鼻腔炎(蓄膿症)、脳腫瘍、脳卒中、緑内障などでも頭痛を認めることがあります。また、おたふく風邪などでも、髄膜炎から頭痛を認めることがあります。頭痛が続いている場合、一度脳CTや脳MRIをお勧めしています。

特殊な状況下での頭痛
きついゴーグルをはめた後の頭痛や、アイスクリーム頭痛(寒冷刺激)、ひげそりによる頭痛、性行為(セックス)に伴う頭痛などが有名です。

COPYRIGHT(C) 医療法人橘会 Medical Office Tachibana ALL RIGHT RESERVED.