「生活習慣病は予防から」 山形市 内科 橘医院
循環器検査

当院では以下のような循環器検査を行うことができます。12誘導心電図とホルター心電図の装着は看護師が行い、判読は英忠が行います。心臓超音波検査は英忠が行います。

12誘導心電図
循環器の基本的な検査です。高血圧などによる左室肥大や、不整脈などを調べることが出来ます。古典的な検査ではありますが、様々な心臓の情報を読み取ることが出来、今でも循環器では必須の検査です。ちなみに、英忠の大学での研究分野はイオンチャネルと心電図でした。

→高血圧について

ホルター心電図
ICレコーダーに心電図を記録します。不整脈や狭心症が疑われたときに行います。24時間連続で記録できるため、診療所や病院では記録できない、夜間やスポーツ中などの心電図変化がとらえられることがあります。そのため、動悸や胸部不快感の原因を調べるのに有用です。外来で出来ますが、2日連続で同じ時刻に来院していただく必要があり、検査当日は風呂に入れません。

→不整脈について

心臓超音波検査
心臓の働き(心機能)、血流の様子を調べる検査で、心エコーともよばれます。心不全や心筋梗塞、弁膜症などの診断に有用です。胸部にゼリーを塗って調べるだけなので、食後でも検査を行うことが出来、また痛みもありません。

頚動脈超音波検査
首の血管の動脈硬化をみる検査です。脳梗塞と深い関係があるといわれています。実際検査を行ってみると、糖尿病、脂質異常症などの動脈硬化が進みやすい人で、異常所見が多く見つかっています。

COPYRIGHT(C) 医療法人橘会 Medical Office Tachibana ALL RIGHT RESERVED.