「生活習慣病は予防から」 山形市 内科 橘医院
結果がでたら

身長・体重 基準値
身長・体重 BMI(体格指数)=体重(kg)÷身長(m)÷身長(m)
  やせ   基準値(標準)     肥満
 〜18.4    18.5〜24.9      25.0〜
解説 BMIは「Body Mass Index」の略です。国際的にも広く通用する体格指数として用いられており、体脂肪量ともよく相関すると言われています。

腹囲 基準値
腹囲 男性 85cm 未満
女性 90cm 未満
へその高さ、安静呼気位で測定します。上記の基準値を超え、さらに下記の2つ以上超えると、メタボリック症候群に該当します(日本内科学会などによる基準)。
解説 1)早朝空腹時血糖 110mg/dl以上
2)空腹時中性脂肪 150mg/dl以上、HDL-C 40mg/dl未満
3)血圧 130/85mmHg以上
※特定健康診査(メタボ健診)の基準値とは異なります。

今後基準値が変更となる可能性があります。

血圧 基準値
最高/最低 日本高血圧学会 高血圧治療ガイドライン2009
 外来血圧 140/90mmHg以上で高血圧
 家庭血圧 135/85mmHg以上で高血圧
解説 血圧とは、動脈の中を血液が通るときの圧力です。
 収縮期血圧 
  心臓が収縮し、血液を送り出すときの圧力。
 拡張期血圧
  心臓が血液を送り出すのを止め、肺動脈から血液を心臓の
  中に入れるときの圧力。

肝機能 基準値
GOT 〜40IU/L 肝炎、肝硬変などの肝疾患で主に上昇します。
GPT 〜40IU/L 肝炎、肝硬変などの肝疾患で主に上昇します。
γ-GPT 〜70IU/L アルコール性肝障害、胆道系疾患などで主に上昇
       します。
TP 6.6〜8.3g/dL ネフローゼ、肝硬変などで減少します。
ALP 〜399U/L 骨、肝臓・胆道の疾患、妊娠などで上昇します。 
T-BIL 〜1.2mg/dL 黄疸(肝臓病)の状態を示します。
解説 肝臓の働きを示す指標です。GOT(AST)、GPT(ALT)、LDHは一般的に肝臓の状態が悪くなってくると上昇します。γ-GTP、ALPは、胆道系(肝臓で作られた胆汁が十二指腸に出てくるときに通る道)の状態が悪くなったときに上昇します。その中でもγ-GTPはお酒を多く飲む人や脂肪肝の人で高くなります。

血中脂質 基準値
TG(中性脂肪) 空腹時 〜149mg/dL
糖尿病、肥満などで増加します。また、高カロリー、高脂肪の食習慣などでも増加します。
HDL-C 40〜mg/dL 動脈硬化の場合に低い値を示す傾向があります。運動不足、喫煙でも低下します。
LDL-C 70〜120mg/dL 動脈硬化の危険度がわかるほか、糖尿病や甲状腺機能低下などで高値を示します。
解説 TGは中性脂肪といい、糖尿病、肥満、アルコール過量、脂肪肝などで高くなります。HDL-Cは善玉コレステロールともいわれ、低いと動脈硬化が早く進むといわれています。LDL-Cは悪玉コレステロールともいわれ、高いと動脈硬化が早く進むといわれています。また、個々人が動脈硬化に対する危険因子をいくつ持っているかにより、目標値が異なってきます。

糖代謝 基準値
血糖 空腹時 60〜109mg/dL
糖尿病で高値を示します。
HbA1c
ヘモグロビン
エーワンシー
〜5.9% 血糖の水準をみる検査で、約一ヶ月(4〜8週間)の平均状態がわかります。平成25年4月より、基準が変わりました。
解説 血糖が基準値より高いと、糖尿病の可能性があります。内科での詳しい検査が必要です。

※各基準値は医療機関ごとに異なる場合があります。

COPYRIGHT(C) 医療法人橘会 Medical Office Tachibana ALL RIGHT RESERVED.