「生活習慣病は予防から」 山形市 内科 橘医院
尿酸・痛風Q&A

Q: 高尿酸血症とはどういう病気ですか?
血清中の尿酸値が7mg/dlを超えると高尿酸血症と診断され、成人男性のおよそ30%がこの病気といわれています。男性は思春期以降血清尿酸値が上昇しますが、女性は閉経まで低いままのため、高尿酸血症、痛風は男性に多い病気です。

Q: 高尿酸血症では、どの様な症状がみられますか?
血清中の尿酸値が高いだけでは、自覚症状はみられません。ただ血清尿酸値が高い状態が続くと、痛風による足の親指などの激烈な痛みや、尿管結石による腹痛、腰痛がみられることがあります。

Q: なぜ血清中の尿酸値が上昇するのですか?
尿酸排泄低下(尿酸が尿中に出て行きにくい場合: 腎機能低下、飲酒、飲み薬など)と、尿酸産生過剰(身体の中で尿酸が多く作られる場合: 肥満、肉食、飲酒など)の大きく2つが原因としてあげられます。どちらのタイプかは、血液と尿の検査である程度判断できます。また、遺伝的に血清尿酸値が上昇する人もいます。

Q: ビールが尿酸値を上げると聞いたので、焼酎を飲んでいます?
ビールは尿酸の元であるプリン体が多く、尿酸値が上がりやすいお酒です。しかしアルコールそのものが尿酸値を上げるため、焼酎だから大丈夫、という訳ではありません。ビール350ml程度のアルコール量でも血清尿酸値が上がるため、飲酒量は少なければ少ないほど良いです。

Q: 尿酸値が高いのですが、肉は食べてダメですか?
プリン体は、肉類、特に臓物に多く含まれていますが、魚介類にも多く、プリン体の摂取量を細かく気にしすぎると、何も食べられなくなります。尿酸値の高い方は、肉や魚も含めてバランス良く、摂取総カロリーを抑えることを意識して食べると良いでしょう。

Q: 尿酸値を下げるには、どうしたら良いですか?
生活習慣の改善が最も大事です。飲酒量を減らし、太っている方は減量するだけで、血清尿酸値が下がる方がほとんどです。ただ、生活習慣を改善しても血清尿酸値が高い方がいるため、そのような方は飲み薬による治療も考慮します。

Q: 検診で尿酸値が高いといわれました。薬を飲む必要がありますか?
痛風や尿管結石がない場合、生活習慣を改善した上で、8mg/dl以上の人は、腎機能低下や高血圧などの有無もみながら、尿酸降下剤の内服を考えます。

Q: 痛風や尿管結石がある人はどうですか?
特に痛風発作を起こしたことがある人は、生活習慣改善の上、積極的に内服薬で血清尿酸値を6mg/dl以下に下げた方が良いです。痛風発作を起こした人の関節の中には、微小痛風結節という尿酸塩のかたまりがあり、そこから尿酸塩がパラパラと関節内にこぼれて痛風発作を起こすといわれています。この微小痛風結節があると痛風発作を繰り返すため、血清尿酸値を下げて微小痛風結節をなくすことが治療の目標です。

Q: 尿酸の薬はどのくらい飲む必要がありますか?
関節内の微小痛風結節がなくなるには、血清尿酸値を6mg/dl以下にコントロールして、2年以上かかりるといわれています。また5年間は痛風の再発作が見られる可能性があるため、最低でも5年、飲んだ方が良いでしょう。その後は、減量や節酒などで薬を飲まずに血清尿酸値が正常化すれば、一旦薬をやめて経過をみる場合もあるため、かかりつけ医と相談してみてください。

Q: 足が痛くなりました。痛風でしょうか?
まず、痛みの場所はどこでしょう?痛みの場所が足の親指の付け根や足首で、尿酸値が高いといわれた人であれば、痛風を疑います。さらに関節の周りが赤く腫れ上がり、激烈な痛みのため歩けない状態であれば、痛風の可能性がさらに高くなります。ただ、細菌などの感染による関節炎でも同様の症状がみられるため、受診することをお勧めします。

Q: とりあえず薬屋さんで痛み止めを買って痛風の痛みを止めたいのですが。
市販されている痛み止めの中で、アスピリンを含むものを飲むと、かえって痛風の痛みが悪くなる事があります。痛風発作の時には診察を受ける必要がありますが、取り急ぎ、どうしても市販の痛み止めを使う必要があるときには、薬剤師さんとよく相談してください。

Q: 痛風発作の時に気を付けるべき事はありますか?
まず、禁酒が必要です。また、ゆったりした履き物を履いて、足に負担をかけないようにしてください。尿酸を下げるお薬を飲んでいる方は、自分の判断で中止したりせず、かかりつけ医に相談してください。

Q: 尿酸値が高く、薬を飲んでいますが、あまり下がりません。
血清尿酸値を下げる薬としては、尿酸合成を抑える薬(ザイロリック、アロシトール、フェブリクなど)と尿酸が尿中に出て行くのを促す薬(ユリノームなど)がよく使われます。どちらのお薬が合うかは、個人差があるようです。一度かかりつけ医に相談してみることをお勧めします。

COPYRIGHT(C) 医療法人橘会 Medical Office Tachibana ALL RIGHT RESERVED.